スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

麗しき秋の庭園 Beautiful Zen garden of the autumn in Shourinji Temple

麗しき秋の庭園


東福寺塔頭 勝林寺の公式ホームページによれば~臨済宗大本山東福寺は、嘉禎二年(1236)に関白九條道家の発願により、藤原氏の氏寺として栄えていた法性寺内に伽藍を建立したことに始まる。東福寺の寺名は、東大寺・興福寺の奈良の二大寺から一字ずつ取ったもので、二十年近くの年月をかけ京都最大の大伽藍を造営し、開山に聖一国師(円爾弁円)を迎えた。その後相次ぐ火災のため、初期の伽藍の大部分を焼失するも、そのたびに見事な復興を遂げ、京都五山列せられるに相応しい名刹となった。勝林寺は東福寺の塔頭寺院の一つで、天文十九年(1550)に東福寺第二百五世住持であった「高岳令松」禅師によって、勝林庵として創建された。本山東福寺の鬼門(北方)に位置し仏法と北方を守護するところから、「東福寺の毘沙門天」と呼ばれている。~とあります。


ご住職の宇野様は芸術に深い造詣があり、このお寺の庭園は禅の心を表しているだけでなく美しくて芸術的です。ご本尊毘沙門天立像を含む仏像は秘仏で年に数回行かれる特別拝観の際しか参拝できません。


私はその美しさから吉祥天が宿る紅葉される「吉祥紅葉」の作品を2014年12月に奉納しており、秘仏とともに特別拝観の際観ていただくことができます。新春、桜の開花時期、紅葉時期に特別拝観期間があるので是非ご参拝ください。


近年、紅葉時期の特別拝観期間に夜間ライトアップが行われます。東福寺境内ではこのお寺だけなので暗闇に浮かび上がっているように感じられます。秋の特別拝観 期間中はライトアップされた紅葉が美しく幻想的です。今年は手水舎にお花を浮かべておられたのでとても華やかでした。(今年の特別拝観は既に終了しました)


吉祥紅葉はオオモミジという種類で一般的に真赤になるイロハモミジに比べて黄からオレンジの間くらいの色合いになります。更に例年、紅葉するのが遅くて秋の特別拝観期間が終わった12月10日以降に全体が赤くかわります。落ち着いた雰囲気の初冬の京都東山に訪れるのをお勧めします。


勝林寺 ホームページ: http://shourin-ji.org/



Beautiful Zen garden of the autumn in Shourinji Temple


Bishamonten Shorinji at Tofukuji which is from the official…

最新の投稿

住吉大社での展示 Exhibition at Sumiyoshi Taisha Shrine

初秋の大河内山荘 Okochi Sanso Villa in the early autumn

住吉大社 観月祭 Harvest Moon Shinto Ritual in Sumiyoshi Taisha Shrine

勝林寺の大賀蓮 Oga lotus in Shourinji Temple