スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

春の庭園 Japanese garden in spring

春の庭園

令和2年(2020年)4月4日に「旧中西家住宅 春の特別公開」として4月2日から10日まで公開されていましたので予約をして伺いました。 旧中西家住宅は旧来から文化人を迎えてきたことから「吹田吉志部文人墨客迎賓館」として市への賓客を歓迎する目的で平成19年(2007年)1月22日に中西家から寄贈され設置されたそうです。



旧中西家住宅の案内冊子によれば(以下、転載)~中西家は江戸時代には大庄屋を務めていました。約1,000坪の屋敷地に、文政9(1826)年建造の主家、長屋門、内蔵(米蔵)、キザラ(木小屋)などの建物が建ち、江戸後期の大庄屋の屋敷構えを、ほぼ当時のまま伝えています。また主屋前面に造られた庭園は、作庭の位置や造園の技法に特色をもっていて、稀有なものといわれており、平成25年8月11日に、国の登録記念物(名勝)に登録されました。旧中西家住宅のほぼ全ての建物は、吹田市指定有形文化財に指定され、同時に国の登録有形文化財に登録されていて、吹田市の長い歴史と深い文化を伝える貴重な建物です。~(転載終り)とあります。


特に、平成25年(2013年)8月11日に、国の登録記念物(名勝)に登録された主屋 南側の「東の庭園」は庭園中央に掘り下げた個所を持つ特徴のある庭園であり、春の特別公開の時期には桜、青紅葉、苔の美しい春の色に彩られた日本庭園となります。時を忘れて暫く眺めていたくなるような絶景です。

吹田市には旧中西家住宅を含めて「浜屋敷」、「旧西尾家住宅」があります。インターネットで検索した限りではこの規模の市として3建の古民家住宅の管理保存をしているのはとても珍しいと思います。居住地の地方公共団体がこのように文化遺産に対する保存活動をしていることはとても誇らしく、過去にこの決定をした方や現在の全ての関係者に感謝申し上げます。
掲載記事の更新日2020年04月11日

Japanese garden in spring
I have visited to the Former Nakanishi Residence in Suita-City, Osaka prefecture at April 4 2020 during the "Special Public Open in spring". Former Nakanishi Reside…

最新の投稿

デジタル浮世絵について What is the "Digital Ukiyo-e"?

Japanese garden as the intangible cultural asset of Japan 2

Japanese garden as the intangible cultural asset of Japan 1

岸城神社 岸和田だんじり祭 Kishiwada Danjiri Festival of Kishiki Jinja Shrine

藤花のかほり Fragrance of the Japanese wisteria

平成31年 菜種御供大祭 Natane Goku Grand Festival 2019