住吉大社での展示 Exhibition at Sumiyoshi Taisha Shrine

住吉大社での展示


現在、住吉大社にて私の作品が展示されています。
この展示は平成29年(2017年)10月から始めて1年が経過しました。展示作品は4種類のものです。
常時屋外展示を行っているため外装のが劣化したため、この度額装をやり直して再度奉納いたします。常時屋外展示ですが、作品に用いている石州和紙は紫外線による劣化は全くみられません。展示再開は12月以降を予定しています。
作品はA3ノビサイズ(329mm × 483mm)のユネスコ無形文化財 石州和紙に印刷して「デジタル浮世絵」として展示しています。


展示を行うことで多くの方に住吉大社をご理解いただくだけではなく、1800年以上の歴史を持つ住吉大社に1300年以上の歴史を持つ石州和紙で製作した作品を奉納することで、住吉大社に現存する多くの歴史的文化遺産とともに後世に伝えるためです。現在、情報のデジタル化によって世界中の人が瞬時に共有できるようになりましたが、次世代への文化の継承はこうした伝統的技法でしかできないことは確かです。日本の伝統文化と他国との大きな違いの一つはこの部分であり1000年以上前のことを現在でも同じように行っています。他国から称賛され注目されていることがこのことだと認識しています。
住吉大社は古来 摂津国 (せっつのくに=大阪府北西部と兵庫県南東部を占める旧国名) の中でも、由緒が深く、信仰が篤い神社として、「一の宮」という社格で人々に親しまれてきたそうです。
住吉大社といえば大阪で最も人出がある初詣先で、期間中に約260万人が訪れる全国的にみてもトップ10に入る人気です。そして、今回開催が決まった2025年大阪万博のプロモーションムービーのロケ地の1つとして世界に紹介されました。所在地は大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89で南海電車 住吉大社駅から徒歩5分程度の場所です。

御田植神事について



御田植神事は穀物の豊かな実りを祈願する神聖な行事です。
毎年6月14日に行われ、国の重要無形民俗文化財に指定されています。
植付される苗には、強力な穀霊が宿るものとして考えられていました。田植えに際して音楽を奏で、歌をうたい踊りや舞を演じるのは、田や植付する苗に宿る穀物の力を増やすためです。


様々な行事が行われますが、今回は植女への「早苗の授与」、「風流武者行事」をご覧ください。

住吉踊について


住吉踊は(公式ホームページより)~神功皇后(第四本宮御祭神)三韓より御凱旋の折、泉州七道ヶ濱(現在の堺市)に御上陸になられたことを祝い、海浜の漁民が「天下泰平」を謳歌し吉士舞を舞ったことに始まると伝えられております。大変古い歴史を持つ住吉踊は、中世には農民たちが稲の虫追いや厄払いの意を込めて「五穀豊穣」を祈った農民舞踊となり、また住吉神宮寺の僧により「庶民の安全繁栄」を祈った踊りとして発達していったものとも考えられます。(以下略)~とあります。毎年 年4回奉納されています。


正月三が日(1月1日~3日)、御田植神事(6月14日)、住吉祭(7月31日~8月1日)、観月祭(中秋日)
住吉大社には多くの講(信者によるグループ)があり、私はその中の一つ「住吉踊保存後援会」に参加しています。
住吉大社ホームページ: http://www.sumiyoshitaisha.net/

石州和紙について


石州和紙は島根県浜田市三隅町にある4軒の工房で作られています。約1300年の歴史があり柿本人麻呂が奈良時代に石見の国の国司であった際に伝えられたといわれています。


石州和紙は楮・三椏・雁皮が原料となり、練りとなるトロロアオイを混ぜて人間の手のみで漉かれています。日本の和紙の中でも強靭で光沢がある。現在ではかわひら、石州和紙久保田、西田和紙工房、西田製紙所の4軒のみが紙漉き職人として存在しています。2009年にユネスコ無形文化遺産に登録され、様々な絵画の修復紙としても世界各国にて使用されています。


現在、私は石州和紙久保田の協力を得てインクジェット印刷向け石州和紙を開発して使用しています。
石州和紙久保田ホームページ: http://sekishu.jp/kubota/


*住吉大社での私の展覧への寄付の募集
注文番号:201801_014:私のホームページへの名前のリンク:10,000円以上/1ヶ月
注文番号:201801_015:住吉大社の私のプロフィールへの名前の記載:50,000円以上/1回

支払い方法
PayPal、クレジットカード(VISA、MasterCard、American Express、Discover、JCB、Unionpay)

注文の仕方
以下の内容をメールしてください。 (Eメール:info@warabe-jp.com)
注文番号、あなたの名前と住所、電話番号
その後、その請求書を電子メールで送信します。




Exhibition at Sumiyoshi Taisha Shrine


Now, I exhibit the 4 works "Digital Ukiyo-e" which is about "Otaue (= Rice planting)" Shinto Ritual and Sumiyoshi Odori Dance in Sumiyoshi Taisha Shrine. And I use the Japanese traditional handmade paper "Sekishu Washi" (size: 329mm × 483mm) that is the UNESCO's Intangible Cultural Heritage.


My object of this exhibition is not only a recognition improvement of Sumiyoshi Taisha Shrine, but also the succession to an intangible cultural asset to the next generation. It can come true by a combination of "Sumiyoshi Taisha Shrine" with the history more than 1,800 years and "Sekishu Washi" with the history more than 1,300 years, so that it is possibility to become with cultural assets of Sumiyoshi Taisha Shrine. I think that one of the most important thing of Japan is succession and continuous use the culture of over 1000 years.
This exhibition has been continued for about 1 year from October 2017. This time, I decide to change to the new frame, because the works decoration was damaged by outdoor display. I am looking forward to your agreement and contribution, Please send me an e-mail. It is will be reexhibit after December, 2018.
Sumiyoshi Taisha Shrine has been most popular to people and called "Ichinomiya of Settsu". They say "Settsu" in ancient that is the old country which accounts for northwest of Osaka Prefecture and southeastern of Hyogo Prefecture.
Sumiyoshi Taisha Shrine is a popular of the top 10 of the New Year's visit to a shrine of Japan and it was used as one of the location place of the promotion movie of EXPO 2025 Osaka, Kansai. That is located at Sumiyoshi-Yard, Osaka-City, Japan and that about 5 minutes’ walk from Sumiyoshi Taisha station of Nankai train.

"Otaue (= Rice planting)" Shinto Ritual


The "Otaue (= Rice planting)" Shinto Ritual as an Important Intangible Folk Cultural Asset that is held at June 14 in every years. And it is a special event to pray for a good harvest.
They think that the young plant of the rice have the spiritual power, they are singing and dancing to make that power strong.


Various dedication is carried out in this event. This time, I exhibit the works about “Granting the holy plants” and “Elegant Samurai dance”.
For more information, please visit the official home page.
http://www.sumiyoshitaisha.net/en/

Sumiyoshi Odori Dance


For over 1800 years ago, it is said to be the origin of "Sumiyoshi Odori" that people had danced it to celebrate the victory of Empress Jingu in Korean Peninsula. And it is a very old dance, and this is said to be the model of the traditional dance of Japan.


The dedication of the Sumiyoshi Odori is carried out in four times in every year, First three days of the New Year (January 1 to 3), Otaue (=Rice planting) Shinto Ritual (June 14), Sumiyoshi Festival (July 31 to August 1), Harvest Moon Festival.
Sumiyoshi Taisha Shrine has been holding by several believers group of shrine, I participate in a group of "Sumiyoshi Odori Dance".
For more information, please visit the official home page.
HP: http://www.sumiyoshitaisha.net/en/

About Sekishu Washi


Sekishu Washi (traditional Japanese handmade paper) has been produced in Misumi-Town, Hamada-City, Shimane-Prefecture, Japan, for over about 1300 years. Sekishu Washi is made using the bark fibers of kozo, mitsumata, and gampi. Neri, a vegetable starch derived from the roots of the tororo-aoi plant, is also added. Sekishu Washi is very special, fine, strong, and glossy paper that is exclusively made by hand. There are only four workplaces that have been continued Sekishu Washi production until now.
Furthermore in 2009, UNESCO agreed to safeguard Sekishu-banshi as an Intangible


Cultural Heritage, and included it in their Representative List of the Intangible Cultural Heritage of Humanity. Sekishu Washi has been used as restoration papers for masterpiece paintings around the world for years.


Now, I use the "Sekishu Washi for Inkjet print" which was made of collaboration with the workshop "Sekishu Washi Kubota".
HP: http://sekishu.jp/kubota/english/

*Raising of contributions for my exhibition in Sumiyoshi Taisha Shrine
Order number: 201801_014: Publication of the name with the link on my homepage: 10,000(more than) JPY/One month
Order number: 201801_015: Publication of the name on my biography in Sumiyoshi Taisha Shrine: 50,000(more than) JPY/Once

Method of Payment
PayPal, Credit card (VISA, MasterCard, American Express, Discover, JCB, Unionpay)
How to order
Please e-mail the following contents.  (E-Mail: info@warabe-jp.com)
Order number, Your Name and Address, Phone No.
After I will send that invoice by email.

コメント

人気の投稿